江戸川区花火大会@夏休みの場所取り

夏休みの思い出の江戸川区花火大会の打ち上げ花火はエキサイティング♪
2016東京オリンピックをテーマにした花火も江戸川河川敷から打ちあがる♪
江戸川区花火大会@夏休みの場所取りトップ

江戸川区花火大会 屋形船

江戸川といえば東京と千葉の境を流れる川!そこで毎年打ち上げられるエキサイティングな花火大会です♪陸から場所取りをして、観賞する人もいれば屋形船を貸しきったり、乗り合いで攻めたりする人もいます。打ち上げ総数は約14000発も夜空を彩りその中でも今回は2016年の東京オリンピックをテーマにした打ち上げ花火も準備されています。

江戸川区花火大会 交通手段

当日は間違いなく、交通規制があります。最寄の駅は都営新宿線「篠崎駅」で徒歩15分。JR総武線「小岩駅」で徒歩25分。京成線「京成江戸川駅」でも25分といったところでしょうか。道路の規制は当然ながら、駅での規制もありますので、注意して臨機応変動かれるのがよいでしょうね。

江戸川区花火大会 穴場スポット

穴場というか篠崎公園や旧篠崎図書館あたりがよく聞く観覧場所で周辺の高層ビルを探すことです。もちろん友人の住むマンションを狙うのもいいでしょう。例年、あまり見れないほど混んだという話は聞かないので、比較的にゆっくり一般的な観覧場所で観賞できると思います。


日本の風情〜打ち上げ花火

簡単に言うと火薬が詰まった玉が爆発しているんですよね。大規模な花火大会は当然ながら距離を置いて眺めるのが最高で、線香花火のような小さな花火は庭先で手元でするのが最高!どちらも日本の風情を感じられる不思議なものですよね♪線香花火のような家庭でする花火をおもちゃ花火って言うんですって!初めて知りました。日本では昔から河川で打ち上げていたので、東西南北どこから見ても変わらない観賞を追及していたのに対して、ヨーロッパなどでは昔、貴族が宮殿などの裏から打ち上げていたので、日本のような形や発光をする必要がなかったんですって〜。だから、日本の花火師の技術は最高って言われるんですね!見るだけでなく調べてみると凄く勉強になりますよね。日本人って凄い♪

ご家庭でも風情ある花火を楽しみましょう♪



江戸川区花火大会@夏休みの場所取り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。